日本では考えられない世界の大人の性教育事情


実践的すぎてビックリ!世界の大人の性教育事情

セックスのことをもっと知りたい!そう思う人は少なくないのではないでしょうか。ネットの普及によって近年は誰でも簡単にエロに関する情報を入手することができるようになりました。しかしそれらは具体的な知識というよりは、エンターテインメントとしての情報ばかりです。「実践できるセックスの知識がほしい」そうした機運は年々高まっていて、それに応えるかのようにセックススクールなどが世界各地で開催されています。

セックスへの不安は人類共通!

「自分のセックスは正しいのか」そんなことで悩む人は少なくありません。情報化社会と呼ばれる時代であり、確かに性に関する知識は増えてきています。しかし実際にセックスをするとなると相手もいるわけですから「感じさせることができているのか」「オーガズムを与えるにはどうすればいいのか」など不安になってしまうものなのです。
性に関するハウツー本やDVDは出せば一定量以上販売されていますし、海外ではセックスセラピストといった職業も成り立っています。享楽としてのエロではなく知識としての性を欲している人は想像以上に多いということでしょう。

女性のためのセックススクール

ロシアでは女性のためのセックススクールが開催されたことがあります。バイブなどを活用して実践的な性知識を専門家が教えるというものだったそうです。実は近年、ロシアでは彼氏をゲットするための恋愛スクールビジネスが盛んです。日本で言えば婚活セミナーのようなものですが、より性に関して実践的な授業を行っています。
セックススクールでは専門家がフェラの仕方や口でのコンドームのつけかたなど実践的かつエロチックなテクニックを教えているとのこと。日本ではまだここまでオープンではありませんが、晩婚化が進む中でいずれはこうしたサービスが人気を博すこともあるかもしれません。

オーガズム教室って何?

アメリカの大学でもセックス講義というのが行われていました。女性が質の高いオーガズムを得るためにはどうするべきか、をテーマにしたものです。男女ともに参加できる内容で、Gスポットの真実や初めてのオーガズムの迎え方、彼女をイカせる方法などを性研究家が講義したとのことです。一見、ふざけているようにも思えますが、講義をする方も受ける方も大真面目で、ありきたりなものや危険なことは一切ないとのことです。
日本の大学で行ったら議論を醸しそうですが、需要は確実にあるはずです。性に対しておおらかすぎるのは良くないかもしれませんが、真面目に取り組むのであれば悪くはないものでしょう。

Menu