.

絶世の美人クレオパトラの男たちをコントロールするセックス性技


クレオパトラは美貌ではなく性技で男をとりこにしていた!?

クレオパトラはローマのカエサルと恋仲になり、エジプトを守ろうとしたと言われています。自分の体を絨毯で巻いて、カエサルのもとに「プレゼント」として送り届けたという伝説もあります。絶世の美女だったと言われるクレオパトラですが、いくら美人でもそれだけでは男は落とせないでしょう。セックスでカエサルを夢中にすることで、虜にしたのです。

彼女はエジプトの王として部下を支配していたわけですが、大勢の男たちを意のままに操るためにも、性的魅力を利用していました。下々の護衛たちにも性的サービスを施すことで、女王として君臨していたようです。いつの世も、女性の「体」は武器になるということなのでしょう。

エジプトでは古代からフェラチオが行われていた!?

フェラチオという性技がいつどこで始まったのかは定かではありませんが、少なくともエジプトの神話には登場しています。イシスという神は夫であるオシリスが弟に殺された際、夫を蘇らせるために切り刻まれた体を集めて組み立てました。しかし、どうしてもペニスだけが見つからないため、代用として人工のペニスを取り付けたのです。しかし、しょせん本物ではありません。夫の体が復活しても、ペニスが役に立たなければ無意味です。そこで、人工物を口にくわえてフェラチオしたところ、ペニスに生気がやどり勃起したとされています。
ロンドンの大英博物館には、イシスが夫のモノをくわえる様子が描かれたパピルスが展示されています。少なくとも、数千年前のエジプトでは、女性が男性器を口に含むセックステクニックが存在していました。また、エジプトの娼婦たちはみずからの性技を演出するために口紅を発明したとも言われています。セクシーな口でペニスをくわえることで、男たちを魅了しようとしていたのでしょう。現代においても女性が口紅にこだわるのは、性的アピールのためなのかもしれません。

クレオパトラはフェラチオ上手だった!?

古代から娼婦たちはフェラチオを特技として売り込んでいたようで、ポンペイ遺跡には娼婦たちが、いかに自分の口のテクニックがすごいのかを宣伝する文句も刻まれています。フェラチオ同様、クンニリングスも古代から行われており、「私はクンニOKよ」とか、「張り型をいれても大丈夫!」などのCMも残っています。いつの時代も、さまざまな方法でセックスを楽しもうとする人たちがいたのです。後にキリスト教文化圏ではフェラチオは禁止されることになり、長いあいだ忘れられた性技となりますが、現代では多くの地域で復活しています。
クレオパトラはあらゆる性技が得意で、特に口によるサービスは絶品でした。プルタコスは「クレオパトラは性技に長け、売春もおこなっていた」と記しています。実際にお金をとっていたかどうかはともかく、セックスで男を操っていたのでしょう。護衛100人を相手につぎつぎとフェラチオをして、全員に射精させたという逸話もあります。カエサルもクレオパトラのベッドでのテクニックにメロメロになったに違いありません。

フェラチオは古代から親しまれてきた性の秘技。ベッドを楽しくするためには欠かせないも。クレオパトラですら好んでしていたのです。

Menu