世界中のセックス大解剖!~古代日本のセックス観


古代日本のセックス観

現代の日本はフリーセックスの文化が入ってきたことで気軽にセックスを楽しむ風潮があります。 では古代までさかのぼるとどんなセックス観が広がっていたのでしょうか。 アノ人の意外な性まで暴きます!

聖徳太子の事実

聖徳太子は何人もの人の話を同時に聞きわけることができたといいます。
それだけ聡明だったということでしょうが、何人もの女性と結婚していたのはあまり知られていないかもしれません。 彼は生涯で4人の女性と結婚しています。 それだけの人を愛することができた聖徳太子は現代の我々にとって、とてもうらやましい存在です。 彼が愛した4人の女性の中にも本命ともいる存在の女性がいたようです。

先述したように頭がよかったとされる聖徳太子ですが、数いた妻の中で一番愛していたとされる女性はなんとナンパして手にしたといわれています。 しかも意外なことに、彼女が住んでいた場所にわざわざ引っ越したというから素晴らしい行動力といるでしょう。

聖徳太子の最期は謎に包まれたままです。
それは一番愛した女性が亡くなった数日後に同じ場所で死を遂げていることにあります。 心中説や自殺説などが存在しているのはそれが理由ともいわれています。 日本の歴史上、最も聡明な人の人生は文明の進んだ現代になってもわからないままです。

認知せざるを得なかった雄略天皇

複雑な性事情を内包する現代社会では望まない妊娠による子供の認知問題が浮き彫りになっています。 そんな今の日本の課題を嘲笑うかのような豪快な人が遥か昔に存在していました。

彼は21代雄略天皇。
残忍で古き日本らしい豪傑といる男性だったといわれていますが、 女性にもその本領を発揮していたという逸話が残っています。

ある日、一人の女性と一夜を過ごした時のことです。 好きなだけセックスを楽しんだようで、後日相手の女性が妊娠したことが発覚しました。 しかし当の本人は自分の子ではないと否定しました。 不思議に思った家来がそもそもその女性と一晩に何回セックスをしたのか尋ねたところ、雄略天皇は堂々と「七回です」と答えました。 その後彼が自分の子供だと認知せざるを得なくなったのはいうまでもありません。

仮にも天皇を名乗っていた方が性にここまで大らかだったというのは驚きです。 もしかしたら雄略天皇が統治していたころの日本ではこれぐらいの感覚が普通だったのかもしれません。

今の常識ではとても測りきれない古代日本のセックス観にはびっくりしてしまうばかりです。

Menu