妊娠中の正しいセックスの仕方やポイント


正しいマタニティセックスのポイント

妊娠中であってもなるべくならばセックスを停滞させない方が良いでしょう。夫婦にとって性行為は大切なコミュニケーションの一つです。ストレス解消やお互いのことを思いやる気持ちを養うことができますので無理のない範囲で肌を合わせた方が良いのです。しかし、妊婦になると体も重くなりますし胎児へ影響があったらどうしようなどと不安になるものでしょう。妊娠中の正しいセックスの仕方やポイントを学んでいきましょう。

【参考】⇒【妊娠中の正しいセックス】出血や腹痛はある?体位やコンドームは? | 赤ちゃんの部屋

妊娠期間中の性欲の増減について

性欲というのは人間が種の保存をするために存在する欲求です。とはいえ、たとえ妊娠中であっても性的な欲求と言うのはなくなるわけではありません。確かに妊娠初期はつわりもあり、体調が万全ではありませんので性欲は落ちるでしょう。後期もお腹が大きくなりますので性欲よりも「面倒」という気持ちの方が勝ってしまいます。
しかし安定期以降は肉体的にも精神的にも安定しますから性欲が通常のころと同等に復活してくるのです。もちろん個人差があるので中期でも体調不良などでセックスどころじゃない!という妊婦もいます。夫婦のコミュニケーションをとってエッチをするかどうか決めていってください。

妊娠中にオーガズムを感じてもいいの?

妊婦がオーガズムを感じるのはいけないこと?そう思っている人は少なくありません。イクことで女性器の収縮や充血などが起きますので人によってはお腹が張るといったことは確かにあるようです。しかし産婦人科ではオーガズムそのものを否定しているところはほとんどありません。
むしろ近年の研究では妊娠期間中に適度に性生活を楽しんだ方が早産しにくいという説もあります。理由は様々ですが、特にストレス解消が妊婦にとって良いのではないかと考えられているのです。
お腹が張る、動くのが面倒、したくない…そんな妊婦を無理やり裸にしてセックスをするのはNGですが、お互いの心が同じ方向を向いているのであれば性生活を適度にするのはむしろ良いことと言えるでしょう。

体位には気を配ろう

妊娠中のセックスで最も難しい部分が体位でしょう。お腹が大きくなりますからいつも楽しんでいたような体勢では挿入が難しくなってしまいます。基本的な考え方としては「妊婦が負担にならない姿勢」がベストです。例えば側位であったり、騎乗位などは無理なくセックスすることができるでしょう。
正常位も悪くはありませんが、足を抱えるようなことはできませんので挿入深度が浅くなりがちです。男女ともに性感が薄くなりますので射精には向かないでしょう。しかし、体位のバリエーションの一つとしてならば十分に機能はするはずです。

Menu