最古の経典カーマ・スートラ 世界の性の歴史をひもとく


カーマ・スートラの妖しいテクニック

数々のセックステクニックが紹介されているカーマ・スートラですが、中には一風変わった技術が紹介されています。
特にアブノーマルな性行為が大好きな方は必見の、古代テクニックを紹介します。

オーラルセックスのすすめ

男性を女性の口が優しく癒してくれるこの行為は、今でこそ割とメジャーなテクニックですが、古代インドではあまり好まれる文化ではなかったようです。
理由としては現代とかけ離れた衛生状態などが理由に挙げられるのでしょうが、この技は誰もが行うことではなく特定の人間が行うものだと経典の中で解説されています。


具体的技術として紹介されているものをいくつか紹介しましょう。
・外圧、内圧。
熱い夜の幕開けにはぴったりの男性器を弄ぶかのように刺激してあげるテクニックです。
外圧とは男性器にキスするように唇を押しあてて刺激することで、内圧は唇で先端を挟み込んで快感を与える行為です。 前戯として女性が男性にしてあげたら互いの興奮度が一気に上昇するかもしれません。

・マンゴー吸い
先述の技術は前戯的なテクニックと言えたでしょうが、今回は少しヘビーになります。
半分ぐらいまでを口に含んで、激しく吸い込んで刺激しては離すという行為を繰り返します。 強い刺激を与えては解放されるちょっと焦らしのテクニックと言えるでしょう。

甘噛みで楽しいセックス

性行為は体だけでなくお互いの心を満たしあう意味合いも兼ね備えた行為だと本サイトでは述べてきました。
今回紹介するのは相手に噛み付くテクニックで、下手をすれば相手に不快を与えてしまう危険性があります。 そのためこのテクニックを一方的に行うと大切なセックスが元で喧嘩にも発展してしまうかもしれないので、試してみようという方はやりすぎにご注意ください。

傷跡は男の勲章だと言うように、古代インドでも女性は何かの痕が体についている男性にほれぼれしたと言われています。
そこで噛みつきテクニックが出てくるわけですが、唇や眼球を除いた体のすべてがその対象になると説明されています。

・隠微な歯咬
現代で言うところの「甘噛み」といったところで、優しく歯で相手の体を刺激してあげるものです。
決して血がにじむほどの噛み付きではないので愛撫の延長線上で行います。

・珊瑚と宝石
日常生活を行う場合、人から見える部位に歯型があろうものなら気恥かしくて会社を休んでしまいたくなるでしょう。
頬にするこの技術は相手のスケジュールを把握してからの方が無難です。
相手の顔にガブリ!直接歯を押しあてると痛いので唇でカバーするようにして噛み付きます。 少し怖く聞こえますが、優しくしてあげたらじゃれあう程度のテクニックと言えるかもしれません。

時代が進んだからと言って古代より今の方がセックスも優れているとは言えませんが、昔から人間の性に関する探究心は測り知れないものがあるようです。

Menu