最古の経典カーマ・スートラ 世界の性の歴史をひもとく


大人の恋愛指南

セックスを極めるのと同様に、恋愛を極めていくのも大人の楽しみの一つだと言えるでしょう。
恋の悩みが絶えない現代人のためにカーマ・スートラでは恋愛テクニックももちろん紹介されています。
ベッドに入る前に、まずはお互いの関係を上手に構築することが肝心だ、とそこでは説かれています。

しぐさから感情を読み取る

好きな人がいる時は相手の気持ち、特に自分のことを好きなのかどうかがどうしても気になってしまうものです。
そういった葛藤こそが恋愛の醍醐味なのですが、そうとわかっていても相手がどう思っているのか気になって不安に押しつぶされそうになってしまいます。


カーマ・スートラは愛の経典です。
異性との関係に困った方にはもちろん助けとなることが書かれています。
同書によると女性が男性に好意を持っている時には、いくつかの行動で感情を表現しているのだそうです。
具体的にいくつか紹介しましょう。


・一緒にいると恥ずかしがって頬を赤く染める。その上男性の顔をなかなか見てくれなくなる。
今はカップルとなっている方々も過去を振り返ると心当たりがあるかもしれません。


・少しでも長い時間を過ごそうとする。
ありがちな話かもしれませんが現代版に言い換えれば、男女二人でお酒を飲んでいて終電を逃す女性は好意を持っていると言っていいでしょう。単にアルコール好き、という可能性もありますが…。


・男性と会う時には必ず化粧を欠かさない。
いつの時代でも女性はキレイでいたいもので、好きな男性の前だとなおさらのことです。


・男性からもらったプレゼントを大事にして常に身近なところに置いておく。
好きでもない人からもらったものはそこまで大事にしないはずなので、この行動を見せた女性は脈があると言って間違いありません。


さすがはカーマ・スートラです。古代に誕生したものとは言え、現代でも十分通用しそうなことが紹介されています。
恋愛でお困りの時にはぜひ相手のしぐさを観察してみてください。きっと相手が抱いている気持ちの断片が見つかります。

攻めるテクニック

相手の好意になんとなく気付いたら、今度はこちらからも仕掛けていかなければなりません。
意中の人に自分の気持ちを伝えるためにはどうしたらいいのか、経典の中では告白する方法としてこのような教えがあります。


・二人で遊んでいる時に、さりげなく気持ちを伝える。
・二人きりになれた時、夜静かな場所で過ごす機会があれば自分の好意をストレートに伝える。


どちらも雰囲気と気持ちを伝える方法がとてもマッチされています。
ただ伝えるだけではなく、時と場合を考えてベストな選択をしたらよいでしょう。


セックスの枠だけにとどまらないカーマ・スートラ。
当時からしたらずっと未来の現在でもここまで重宝するのですから、昔の人々は本当に大事にしたのかもしれません。

Menu