縄文時代に学ぶ~縄文時代の超高等技術


縄文時代に学ぶ至高のテクニック

なぜ縄文人からセックスの技術を学ぶ必要があるのか疑問に感じる方も多いかと思います。
その疑問が数分後には氷解しているでしょう。
まさに至高のテクニックと呼ぶにふさわしい縄文時代の超高等技術を紹介します。

古臭いというのは早すぎる

縄文時代といったら太古の昔といってもいいでしょう。
そんな時代のセックスが現代で通用するのかというのは確かに疑問に感じてしまいます。
しかし当時の人々も同じ人類です。文化の差は大きいかもしれませんが、根本的に考えていることや思考能力といった基本的な部分では現代の人間と大きな差はないといっていいでしょう。 結論からいえば縄文人のセックスはかなり上手だったということができます。
理由はいたって単純で、他人のセックスを何千年もかけて観察してきたからに他なりません。

日本の祭りで「左義長」と呼ばれるものがあります。地方によって呼び名は違いますが現在では正月の終わり頃にたき火をする「ドンド焼」の原型だともいわれています。 ではこの左義長が縄文時代にはどのような形で存在していたかというと、驚くべきことにたき火の前でセックスをするものだったというのです。
周りで人が見ているのは当然のことで、当時の人々の感覚ではそれが普通だったというのです。

観察と試行錯誤を何千年も繰り返しているうちにいつのまにかとんでもない領域のテクニックを身に付けていったのが縄文人のセックス技術向上の秘密です。

超高等技術

縄文人のテクニックは超が付く高等技術だと前述しました。
何がそんなにすごいのかというと、体位とか工夫とかの次元では話ができないことです。
驚くべきことに男性は絶頂を思うがままコントロールすることができ、女性は好きなだけイクことができたというのです。 現代の感覚でいえばセックスの終着点の一つは互いがエクスタシーを感じることにあります。
確かにゴールを自在に操れて、その上好きなだけ迎えることができればセックスを最高に楽しむことができるでしょう。

体力で劣っている?

縄文時代の人々は今の環境と違い、完全な自然の中で生活を送っていました。
セックスを意のままに操る縄文人は現代の人間とは比べ物にならない体力を持っていたと考えられます。

現代社会で生きる人に縄文人程とはいかないまでも、好きなだけセックスを楽しむ体力的余裕があるでしょうか。
男女が長く性行為を楽しむには持続力だけでなく、強さも必要になるのにED気味となると困難が生じてきます。
もし私たち現代人が縄文人に少しでも近づこうとしたら、バイアグラの助けが必要かもしれません。バイアグラは男性の勃起を、血流をよくすることで維持しやすくするものですので、長時間セックスを楽しむなら力強い味方となってくれます。現代のテクノロジーが生んだ武器といっても過言ではありません。意外に手に入れるのも簡単で、首都圏なら大きな駅にいくつもED治療専門クリニックがあり、そこで処方してくれます。

現代の常識を超越した縄文時代のセックスから学ぶことは意外にも多いようです。
一番に学ぶべきは、男女ともに好きなだけ性行為に浸れる体力の必要性かもしれません。

Menu