日本も世界に誇る性の歴史~四十八手


日本だって負けてない?四十八手の奥深さ

本サイトでは海外の性事情に関して述べてきました。
実は日本も世界に誇る性の歴史を持っているのです。今回は日本の性風俗に触れていきます。

四十八という数字の意味

日本では古来より四十八が縁起の良いたくさんの数をあらわす際に使われてきました。
それは江戸時代に四十八という数字が随所にみられたことからもわかります。
具体的には今で言う消防団の数が四十八組にされたり、多くの滝が一カ所に集まっているので赤目四十八滝と命名されたりしています。

江戸時代にできあがったとされるセックスの体位四十八手が四十八種類でまとめられたのも、その数字が縁起がいいものだと認識されていたせいかもしれません。

いざ!四十八手!

四十八手には誰でも気軽に試すことができるものから、世界もビックリしてしまうアクロバティックな技まで幅広く存在しています。 まずは難易度の低いものから紹介しましょう。



「しがらみ」
挿入後、女性が足を伸ばして閉じた状態になります。深い挿入はできませんが、男性は締めつけの強さに快感を得ることができます。
お互いの体があますところなく密着できるので、二人の愛情確認には最適です。

このテクニックはセックスの技術に自信のない方でも気軽に楽しめる、まさに四十八手入門にはぴったりなものではないでしょうか。

次に中級編とも言える体位です。



「つり橋」
正常位の状態から男性が女性の背中に両腕を回し、宙に浮かせた姿勢でのセックスです。
男性は男らしい腕力を見せつけ、女性は相手の力強さに浸ってください。体だけでなく、精神的に満たしあいたい方にはもってこいのテクニックと言えるでしょう。

いよいよ上級編です。



「立ち松葉」
まずは女性が仰向けになり、空中で自転車をこぐような姿勢をとってください。あとは男性が立った状態でサドルの役目を果たすかのように優しく挿入したら完成です。
女性はセックスをしながらエア自転車、男性は相手をフォローしながら前後運動、二人の呼吸を合わせるテクニックになります。
多少汗ばむかもしれませんが、終わった後には心の距離がさらに近付くかもしれません。

どの難易度であっても男性に体力が必要なのは一目瞭然です。
あまり体力に自信がないという方は性奥義とも言える四十八手挑戦の前に、男性のためのクリニックを訪れてみてはいかがでしょうか。
バイアグラを備えておけば四十八手のなかからいろんなテクニックにトライしてみることができるでしょう。

遠く江戸時代に誕生したと言われる四十八手は日本が世界に誇る性文化の一つです。
世界のテクニックを学ぶのと同時に、四十八手の奥深さにも浸ってみてはいかがでしょうか。

【画像で見る48手】
体位がマンネリ化している人に捧ぐ。男2人でセックス48手をヤッてみた・前編 | STAND
体位がマンネリ化している人に捧ぐ。男2人でセックス48手をヤッてみた・後編 | STAND

Menu