世界中のセックス大解剖!


中国発祥!愛の経典TAO

カップル
このサイトでは主にインド発祥の愛の経典について述べてきましたが、中国も負けていません!日本のお隣の国でもセックスについては偉大な奥義を秘めているようです。

陰と陽

そもそもタイトルにも挙げられているTAOですが、中国発祥の伝統的な宗教である「道教」の中心になる考え方です。宗教的発想をセックスにも応用するのはなんとなく中国の歴史と文化の奥深さを感じさせます。

このTAOですが陰と陽の対立する二つの気で説明ができるようで、ここから派生して男女の関係へと応用したのではないでしょうか。

TAOにもとづいたセックス

いわゆるTAO流のセックスでは女性が陰、男性が陽に位置づけられます。二つの要素がセックスを通じて交じり合うことでより素晴らしいセックスになるとのこと。その上、性エネルギーが日々に活力を与えてくれる、という特典までついています。

インドの考え方とは違って思想的要素がセックスにも見受けられます。なんだか性行為はもっと神々しいものであるべき、とも受け取れそうです。

TAO的セックスへの入り口

TAOの奥義とも言うべき、性行為への導入としての方法があります。まずは先述した性エネルギーを高めておくことが重要、と説かれていますが、難しいことではなく、綺麗なものを見たり、良い香りを匂ったり、五感を刺激することが近道のようです。

さらにこれまで述べてきたような思想のようなものでなく、現代でもかなり実践が可能なものが存在するのでいくつか紹介します。

・プライベートな場で異性と接する機会を持つこと
・リラックスする余裕を持つこと
・自然の中で本能を解放すること
・映画や小説を利用して気分を感応的にすること

これはかなり具体的で試してみる価値がありそうです。同じ相手と繰り返しセックスを行っているとどうしてもマンネリなものになりがちです。これを解消するにはTAOの力を借りて普段と違う行いをすることであなたの性生活がより素晴らしいものになるのではないでしょうか。

中国でも昔から性に対する独特の考え方があったようです。TAOの場合はカーマ・スートラより人間の感覚的部分にうったえかけるもののようですが、難易度はそれほど高くないのでぜひあなたのセックスに取り入れてはいかがでしょうか。

Menu